SIMPLE 豆知識

建ててから気づく大きな窓の問題点

家づくりでは、簡単そうで案外難しい事がけっこうたくさんあります。

 

まず、あなただけでなく、ほぼ全ての方が「明るい家にしたい!」とお考えだと思いますが、

その実現は簡単そうで案外難しいものなのです。

 

なぜかというと、、、、、

 

せっかく大きい窓を作ったのに窓から入る光をカーテンが遮ってしまうからです。

直射日光は光線が厳しいし、外から丸見えですからね。

(時々、シャッターを閉めてる家もありますよね・・・)

 

その結果、設計上 光が届きにくいキッチン付近や、

食事をするダイニング付近さえも朝から照明をつけないと、

薄暗くドヨーーーンとした空間になってしまいます。

 

でも本当は、朝から一番明るくあってほしいのは、キッチンやダイニングですね?

(家族が長時間過ごすリビングは1日中明るい方がいいのはもちろんですが、)

すがすがしい気分で、1日の始まりを迎えるためにも、

家族で朝ご飯を食べながら団らんを楽しむためにも。

 

同じく、朝から明るくあってほしいのは、顔を洗う洗面室もそうですね?

朝日を浴びながら身支度ができれば気分がいいですもんね。

それに、ジメジメしがちな水まわりスペースも日が当たればカラッとしやすいですしね。

 

この洗面室も家の北側に位置づけされやすいのですが、

それゆえに照明なしでは使えない薄暗いスペースになりがちです。

また、寒くてジメジメしやすい場所になってしまいます。

 

逆に、明るくする必要がないのに、明るくしすぎてる部屋もあったりします。

それは、、、、、

 

子供部屋や寝室です。

この2つの部屋は、多くの方が南側を希望されますが、

ぶっちゃけ寝る時だけ使うといってもいいくらいで、

日が当たる時間にほとんど使うことがない部屋に、

必要以上の日当たりを求める必要はあるのでしょうか?

 

家づくりだけに限らないのですが、

世間では固定概念や従来の常識に縛られていることがたくさんあります。

そして、その多くは、あなたにとっては実は適していない事だらけだったりします。

 

その土地で本当に暮らしやすい家にするために、

そして、1日中明るくて気持ちいい家にするためにも、

まずは固定概念や常識を疑ってみていただければと思います。

 

「明るい家」にするためには、

カーテンを設置しなくていいようにする必要があります。

そして、カーテンを設置しなくてよくするためには、

間取りの発想を大きく変える必要があるし、窓の作り方にも工夫が必要となります。

 

もし、そんな住まいにご興味を持たれたなら、

一度、弊社がご提供させていただいている住まいをご覧いただければと思います。

きっと、あなたの日常の暮らしに より密着した使いやすさと、

住みやすさに優れた間取りがどんなものなのかを感じていただけるはずです。

 

 

使いやすさと住みやすさのヒントが気になる方は ☞ SIMPLE NOTE まで

有限会社 樹の里ホーム

 

樹の里ホーム