SIMPLE 豆知識

洗濯物干し場はリビングから近いと楽

私(豆たぬき)は、

「リビングの近くに洗濯物の干し場があれば楽なのに」思いながら洗濯しています。

私の家は、築50年以上の日本家屋を15年前にリフォームしました。

ただ、洗濯機から干し場が離れていて不便なので、

洗濯動線の事まで考えてリフォームすれば良かったと思っています。

 

これから家を建てようとお考えの皆様が、私のような思いをせず、

少しでも家事を楽にするための参考にしてみてください。

 

一口に洗濯といっても、

「洗う」これは洗濯機が頑張ってくれますが ⇒「干す」⇒「取り込む」⇒

「たたむ」⇒「しまう」の流れを考えて動線を作る事で、

作業効率は大きく違ってきます。

樹の里ホーム、シンプルノート

 

干し場がリビングの近くにあれば、

子供が小さくて手のかかる乳幼児期でも家族の様子が見えて安心です。

ちなみに15年前の私は、ほんの数分の事なのですが、

子供の声を拾うベビーモニターを持って干してました。

おんぶしながら干すのも時間がかかるし重いし辛かったです。

 

また、雨が降ったらサッと取り込めるのも大きなメリットですね。

案外家族って見えない場所だと、雨が降っても知らん顔。

でも、すぐそこに見えていたら、

「洗濯物を取り込んどいてやー」と頼んだ時も、

重い腰がスッと上がるかも !(^^)!

 

そして、この先老後に重い洗濯物を持って移動する負担が減ります。

今現在の状況だけでなく、ずっと先20年30年先の老後を見据えた動線を

考えて家造りをして下さいね。

 

 

お問い合わせはお気軽に

樹の里ホームまで

樹の里ホーム